育毛剤「ホンネの口コミ」おまとめサイト  » しっかり生やす育毛剤の使い方教室 » 毎日続けることが大事です

毎日続けることが大事です

使い始めてから効果が出るまでは半年から1年かかるのが一般的な育毛剤の効果について紹介していきます。

育毛剤の効果はどのように表れる?

育毛剤の効果について解説育毛剤の効果の表れ方には個人差があります。

ダイエットも同じですが、やせやすいヒトもいればやせにくいヒトもいたり、停滞する時期もあります。なので育毛剤もすぐに結果が出ないからといって諦める必要はありません。

最低でも半年、場合によっては1年という期間をかけて根気よく続けることが大切です。育毛剤の効果は以下のような順番で表れる傾向があるので、日々注意して育毛に励みましょう。

  1. 髪に触った時の感触が変わってくる。
  2. 髪にハリやコシが出てくる。
  3. 新しい毛が以前より太くなる。
  4. 毛周期が正常に戻ってくる。
  5. 停滞期で育毛効果が止まったように感じる。

育毛剤の種類によって異なる効果

育毛剤の効果はその種類によっても異なります。代表的なものは以下の4つ。自分の髪の状態に合わせて使い分けするのもよいでしょう。

男性ホルモン抑制型
薄毛の要因として男性ホルモンが毛母細胞を弱らせているケースに適しています。体毛が濃いヒトは男性ホルモンが強い傾向があるので、育毛剤もこの種類がおすすめ。

有効成分としてはスピロノラクトン、エチニルエストラジオール、オキセンドロンなどが含まれています。

頭皮の血行促進型
頭皮にかさつきが見られたりコリがあるようなヒトは頭皮の血行を改善することで育毛効果が得られる場合があります。

このケースでは頭皮の毛細血管を拡張して血流を増すような成分を含む育毛剤がおすすめ。センブリエキス、クジンエキス、塩化カルプロニウムなどが含まれています。

頭皮や毛根への栄養供給型
栄養バランスが悪くそれが毛髪に悪影響を及ぼしているヒトや予防的な意味で育毛剤を使いたいならこの種類。

ビタミン類が主体で、ビタミンA・B2・B6やイノシトール、亜鉛などが含まれています。

皮脂抑制や老廃物除去型
頭皮が脂っぽいヒトや臭いが気になるヒト向けの育毛剤。余分な皮脂はフケやかゆみの原因で、これを抑えるための成分が含まれています。

主な成分はビタミンB6、チオキソロン、イオウなどです。

育毛剤を使い続けても効果が現れないときは

1年以上育毛剤を使い続けても改善が見られない。むしろ時間がたつほど薄毛が進行してしまっているといった場合、男性型脱毛症(AGA)などの脱毛症である可能性が考えられます。

育毛剤には大きな副作用がないというメリットがありますが、育毛剤だけでは対応できない薄毛があることも事実です。

長期間育毛剤を使用していても効果が実感できないという方は、一度専門のクリニックで診察を受け、自身の薄毛の原因を医師に診断してもらうことをお勧めします。

病院での診察を検討している方は、下記のサイトが薄毛治療に対応しているクリニックを地域別に一覧にして紹介しているので、参考にしてみてください。

»AGA治療ができるクリニック一覧 | AGA LABO

口コミで評判の育毛剤ベスト3

チャップアップ
第1位 チャップアップ
厚生労働省から医薬部外品の認可を受けた育毛剤。50種類の有効成分を配合している。購入後1ヵ月で効果がなかった場合は代金を全額返金する「育毛保証書」つき。
■価格:7,200円
←詳細は画像をクリック!
プランテル
第2位 プランテル
3つの主要成分センブリエキス、セファランチン、グリチルリチン酸2Kの効果で毛髪周期を整え、発毛を促す「M字型用」の育毛剤。その他にも7種類の有効成分を配合。
■価格:7,800円
詳細はこちら→
ポリピュアEX
第3位 ポリピュアEX
再生医療で注目されている成分、ポリリン酸の研究から生まれた育毛剤。髪の毛乳頭と頭皮をケアして発毛をうながし、抜け毛も予防してくれる。
■価格:9,800円
←詳細はこちら